熟女出会いサイトで初見の熟女と魚釣りへ行く!

熟女出会い

熟女の定義にはいろいろありますが、行動を観て、この人は「熟女」であると定義すると、以下の8つの行動をする人、と定義できます。

1.音を立てて食事をする。
食事をするときに、お茶碗をもって、箸でカチャカチャ音をかけながらごはんを流し込んで食べます。お味噌汁は、ズズズーッと音を立てながら飲みます。麺類はもちろんずるずると音を立てながら食べますが、パスタでも同じように音を立てて食べます。

2.新聞を見ながら食事をする。
家族が作ってくれた食事が食卓につくと当たり前のように出てくると思っていて、出されたごはんを食べます。他の家族がまだ食卓についていようといまいとおかまいなしです。そのうえで、朝であろうと夕方であろうと、新聞を見ながら食事をします。作ってくれた家族への感謝の気持ちなど全くなく、むしろ、自分が稼いだお金で、家族がごはんを食べることができている、くらいに思っていますので、新聞を見ながら食事をして何が悪い、と思っています。

3.新聞をトイレに持ち込む。
朝食後、トイレが空いているのが当たり前、で、家族がまだ食事をしていようと、とっとと新聞を抱えて、ウンチをしにトイレに入ります。他の人がトイレを使いたい、と思っていようとおかまいなしです。ウンチが出終わっても、記事のきりのよいところまでトイレで読んで、トイレから出ます。もちろん、手は洗わずに、です。トイレに持ち込んだ新聞は、家族のだれもがもう二度と触りたくない、と思っているのですが、そんなことには全く気づきません。その、いわば汚れた新聞を、夕食時の食卓の上に広げて、平気でごはんを食べることがえきます。

4.くだらないテレビをみてニタニタ笑う。
土日のお休みのときや、平日早くに帰宅したときなど、リビングのソファーで寝転がり、一人でテレビのリモコンを握りしめ、くだらないお笑い番組や、若いお姉さんの出てくるような番組をみて、ニタニタ笑いながらテレビを観ます。おい、〇〇がおもしろいぞ、と家族に話しかけますが、たいていの場合、家族は無視します。それでもおかまいなしにテレビをみてニタニタ、ときには、ゲラゲラ笑いながらテレビをみます。

5.暇があると鼻毛を抜く。
暇があると手鏡を手に、鏡を見ながら鼻毛を抜きます。きたないおじさんほど、鼻毛が伸びるのが早いようです。時に、白い鼻毛もぼちぼちあるようで、抜いてみて感心して眺めています。そういうおじさんのことを、おじさんの容姿などだれも見ていません、と冷ややかに家族はみていますが、関係ありません。そして、その抜いた鼻毛はあたりかまわず落としています。それをみて、あー汚い、とため息を家族はついています。

6.家中あたりかまわずおならをする。
家族なんだから、ベつにいいじゃないか、と思って、家中あたりかまわずおならをします。たとえ、家族がまだ食事をしていようと、まったく気にしません。大きい音ですることもあれば、くさいにおいだけのおならをすることもありますが、まったく平気です。外では多少は遠慮しているのでしょうが、大きい音でおならをしたあとは、気持ちよさそうにしています。

7.首にタオルを巻きつける。
総じて汗かきのようで、夏、家にるときには、だらしない下着姿で、首にどこかのもらいもののタオルを巻いています。汗をかくのが健康的、と信じているので、少々のことではエアコンをかけることはせず、あー気持ちいい、と思いながら、汗をかき、その薄汚いタオルで汗を拭いています。そのタオルは誰が洗濯をするのだろう、どの洗濯物と洗うべきなのだろう、と家族は思っていますが、そんなことはおじさんは知りません。

8.熟女は、歯磨きをして顔を洗う時、カッといいながら、痰を喉元に出し、それをペッといいながら、洗面所に吐き出します。その音を耳をふさぎたい思いで聞いている家族がいます。その洗面所はだれが掃除をするのか、わかっているんだろうか、と思いながら。そして、顔を洗った後は、ごしごしとタオルで顔を拭きます。そんなにごしごしと拭くならば、なぜもっとしっかりと洗わないのだろうと家族は思っており、おじさんが使ったあとのタオルは誰も使わないということをおじさんは知りません。 以上が、「熟女」がとるであろう8つの行動です。これらの行動をする人が「熟女」といえます。熟女出会い


女子が熟女へと変化する

おじさん化ということは、おばさん化と比較すると一般的にあまり語られてこなかった気がします。
男子ではないおじさんという見方でとらえると、おじさんの定義は大きくひとくくりでいうと「身体を自分でいたわる男性」のことを指すと考えます。

男子は、女子と比べると着るものも食べるものも、生活全般にそこまで気を遣いません。

中には意識的に健康的な生活を送る男子もいますが、どちらかというと思いのまま好きなように生きているのではないでしょうか。

ところが、年齢を重ねていくにつれ、身体のあちこちにガタが出てくるようになってきます。

例えば食生活。若い男子は、ご飯大盛りで焼き肉をガッツリ食べます。野菜より肉、魚より肉でしょう。
ところがおじさんは、もうそんなにたくさん食べられないし、脂っこいものも遠慮したいのです。
胃もたれしないようヘルシーな和食を食べたいし、ご飯はちょっとでいいので晩酌して早く寝たいのがおじさんです。

また、服装も若い男子はTシャツにハーフパンツで元気に夏を楽しんでいますよね。
でも、おじさんは意外と冷え性なのです。足がスースーするのはなんだか居心地が悪いのです。
グンゼやフクスケのUネックの肌着に、モモヒキで吸汗と防寒を心がけるのがおじさんです。

週末の過ごし方も変わってきます。若い男子は、仲間と飲みに行ってオールでカラオケしたりと、夜中まで元気。 早起きはできないけど、夜はいつまでも起きていられます。 一方、おじさんは週末だから晩酌はするけど、眠くなるのも早いのです。オールなんてとんでもない。 お酒で気分がよくなったら、気持ちよくそのまま寝てしまいます。 その分、朝はとっても早起きです。早寝・早起きが嫌でも身体にしみついてしまったのがおじさんです。

休みの日は、街に出かけたり、趣味やスポーツに精を出す男子たち。アクティブに楽しんできました。
おじさんになると、出かけるのはいいけど、疲れた身体を癒したいのです。だから、疲れるようなことはしません。
スポーツも、サッカーやフットサルなどの体力の必要なものではなく、ゴルフの打ちっぱなしが大好き。
でも身体を動かすことも健康のためなので、仲間と登山やハイキングぐらいならしてもいいかな、と思っています。
そして、終わったらサウナやスーパー銭湯でリラックスするのがおじさんです。

インドア派の男子がすることと言えば、ゲームやネットサーフィンですよね。 おじさんは、インドア派でも健康的なのです。 一番の楽しみは、家庭菜園と車のメンテナンス。 マイホームの庭で、草むしりや水やり、剪定に精を出します。あまり普段乗らなくても、お気に入りのマイカーは毎週洗車。 子育てを卒業して、植物や自分の大切なものの世話を欠かさないのがおじさんです。

このように、おじさんの生活は非常に健康的です。歳をとると、思いのまま好きなことをするのではなく、少し保守的にシフトチェンジするのでしょうか。 自然と自分を守りいたわれるようになったら、男子からおじさんになったしるしと言えましょう。 愛すべきおじさんたちに、長生きしてもらいたいものですね。



いわゆる熟女

いわゆる熟女くささはリスペクトできると思います。男性的というのとはかけ離れた感覚でいわゆるたくましいとかいうことでもないような気がします。
もちろん年齢に関すことが大きく、あまりに若い男性に少しばかり年配の方のような趣味があるということではなくある程度の年齢を重ねていることが必須だと思います。
そして一昔前に出現した親父ギャルももちろん違うと思います。熟女とはゴルフに行くことややエイヒレが置いてある居酒屋に行くことではありません。
また頭が薄いこととも違う思います。では、おじさんとは何か。

世の中のおじさんたちには共通して世の中を生きてきた哀愁のようなものがあると思います。
また一つの仕事を何かのためにしてきた強さがにじみ出ていることがすばらしいと感じることがあります。
以前私はよく新橋の居酒屋でおじさんと飲み二ケーションを楽しんだり、タクシーの運転手のおじさんに酔っ払って語ったりすることがあり若い私に対して人生を教えてくれる人ばかりでした。
そして、おじさんには独特の共通点があると思いました。それは多くの確立で「ゴルゴ13」に少しばかり憧れているというということです。
では、なぜゴルゴにそうまで憧れるのか、私はゴルゴサーティーンを読んで見つけたことは、ゴルゴは家庭や仕事を持って安定を身につけたおじさんたちの持っていない憧れがつまっているということです。
ゴルゴにはモンゴルの遊牧民族でかなりワイルドな幼少期があったという知られざる過去があり、普通に昭和を生き抜いてきたおじさんたちには男性的な野生的なルーツがあることに憧れます。

またゴルゴは依頼を受けた仕事は善悪に関わらず必ずやり遂げるということ。これは情に流されないという男の美学に反しない。また美女は必ず敵味方関わらずモノにするという本能的に優れた点。
また国際社会をまたにかけ暗躍している、などどれをとっても昭和の一般庶民家庭のお父さんにはあり得ない憧れのすべてがつまっているということです。
もちろんこれは”憧れ”にしかすぎないしこんな人はいないということもわかります。何よりもそこに憧れるおじさんこそが哀愁の塊のようにも思います。
そしてなぜおじさんの美学が最高なのだろうか。それは男性的でもなく女性とはかけ離れたところで、ロマンチストな合理主義に理想とするものがあるからです。

女性は自分の都合で物事を考えがちです。また若い男性は、発展途上であり”男”の完成型はおじさんであると結論にいたります。
と、ここまでおじさんについて賞賛してきましたが、若い女性に嫌われやすいのもおじさんです。
汚らしい身なりのお父さんは娘に嫌われるし、電車で酒くさいおじさん、汗くさいおじさん、ねちねち若い女性の文句ばかり言うなど嫌われ方はさまざまです。
若い女性が好きなおじさんは身なりに気を使い、経済的にも余裕がありオシャレな生活を楽しんでいるようないわゆる娘が一緒に出かけたいちょい悪おやじのような印象の方が、人気があります。
しかし、おじさんも人間です。一生懸命生きているからこそ人間くささがある。そんなおじさんらしさに着目してみると少しずつ見る目も変わってくるかも知れません。

熟女とは一言では言い尽くせない生態を沢山持っています。
社会的な活躍度合いと、家庭内での立場は明らかに逆転していて、常に邪魔者扱いされている。
日常手に入る物のほとんどは、熟女のアイデアや制作により、生み出されマーケットに送り出されているが、世間ではそれを購入する人の方が偉い扱いになるので、どうしても女性(おばさん?)には勝てない存在である。
子供目線から見ても、やはりイマイチな存在のようです。
特にお年頃の女子からは敬遠されがちです。
臭いとか汚いとか色々言われ、でも何か欲しい時にはおねだりされて。
常に都合のイイ生き物だと思います。
しかし、熟女が居なければ、この穏やかな日常を持つ日本の今は有り得ない。 家族を犠牲に働き、家族を守る為に働き、自分と家族の理想を追い求め働き、常に頑張り続けた熟女を称えてあげたいとおもいます。
もし、この世からおじさんが居なくなったらどうでしょうか?

年月ばかりが過ぎても、文化や物の進歩は鈍るだろうし、キッチンから出るゴミは奥様が捨てなければなりません。
ただ、休みになるといつも寝転がる姿を見ると腹も立つし、イヤミの一言も言いたくなりますね。
中には暴言を吐く熟女もいます。
暴言ではなく暴力を振るう熟女もいます。
いつも優しく前向きでプラス思考で、且つダンディな熟女になる努力も必要かと思います。
疲れるのは当たり前。お金を稼ぎに行くのだから。
でも奥様は24時間365日家の事を頑張っています。奥様の家での仕事をお金に換算すると、約600万円(年間)とも言われています。
だから、夫婦は平等公平が一番です。
今時、亭主関白は流行らないけど、亭主関白でありたいと思うのも、熟女の生態の一つです。
亭主関白を気取る前に、奥様には労いと労わり、そして何より感謝の気持ちを持てば、自ずと奥様もおじさんを立ててくれるようになりますね。
それを分からず威張っているから邪魔者扱いされてしまう。
それも熟女の生態一つかなと思います。
間も無く東京オリンピックイヤーです。
世間の熟女は色めき立つ事になります。
奥様も、お嬢様も寛大な気持ちで少しだけ自由にさせてあげて下さい。
おじさんは普段は自分を押し殺し、奥様やお嬢様、御坊ちゃまの為に働いています。
その化粧品もそのスマホも、夏休みに行く旅行も、おじさんがコツコツ働いた結果得られている物ですね。
沢山の誤解や偏見はあるかもしれませんし、全てのおじさんがそうとも言えませんが、ハッキリと言える事は、皆さんが思う以上に、熟女は家族を大切にし、愛しています。
ただ、表現が下手なだけです。
言葉が少ないだけなんです。それもおじさんの大きな生態の一つです。
これからも日々の生活の中で、おじさん度合いが益々進行するでしょう。
しかしながら、並行して奥様のおばさん度合いも進行していきます。
お互いの劣化もまた大切な歩みの一つ。
恐らく熟女は、それも含めて全てを大切にしている筈です。
上げればキリがありませんが、おじさんの生態をまとめると、可愛い生き物という事になりますね。
でも奥様の愚痴も聞いてくれるおじさんを、大切にしてあげて下さい。
これからの日本をもっともっと良くする為に、これからもおじさんは社会で働き続けます。

おばさんと熟女は似ているようで違う 昼時のオフィス街。スーツ姿の女性たちが、昼食を求めて歩いている光景は、容易に想像できるだろう。
会社勤めをしていれば、社外へ出て昼ごはんを調達する機会も多い。普段通りの町並みだ。

さて、同じ会社から、二人の女性が出てきたとしよう。
二人は同じような年齢で、同じ会社に勤めている。そして、背格好は似ていて、スーツ姿であるという点も共通だ。 ところが、一人は『ああ、おばさんがお昼になって会社から出てきたんだな』という印象を受け、 もう一人は『熟女、昼食なのかな?』と言う印象を受けたらどうだろう。 彼女をおばさんと判断する人は、彼女の年齢など知らない。もちろん、名前も経歴も知らない。
ただ、町で見かけただけの、何の接点も無い他人だ。
しかし、何となく、おばさんだなと感じる。 何故、年齢も知らない女性のことをおばさんと感じたり熟女と感じたりするのだろう?
それを一瞬で判断させているのは、何だろうか。

もう少し想像を進めてみる。
並んで歩く女性社員二人が、目の前を通り過ぎて行った。
ふと、二人の並んだ背中を見やる。 一人はぴんと背筋を伸ばし、一人は背中を丸めているようだ。
背筋を伸ばした女性は、よく見ると折り目正しいスーツを着こなし、靴もぴかぴかに磨かれている。
一方、背中を丸めて歩く女性は、スーツもよれよれとしていて、靴も汚れを隠しきれていない。
背筋を伸ばした女性は堂々とした態度で話し、背筋を丸めた女性は終始低姿勢で頭を下げている。
少しあからさまな例えだが、ここまで語れば、どちらが『熟女』でどちらが『おばさん』か分かっていただけたと思う。 背筋を伸ばし、折り目正しいスーツを着こなしていた女性を『熟女』、背筋を丸め、よれよれのスーツを着ている女性のことを『おばさん』と感じたのである。

おばさんと判断されるには、まず何となくの印象だ。
注意深く見てみると、なぜ何となくそう感じたのか言葉にできるだろう。
まずは見た目。プレスされていないシワの入った服装や汚れた靴。これらは、言い換えれば、清潔感が無いのだ。
前述の例えでは見当たらなかったが、清潔感には、綺麗に散髪されていない髪なども含まれる。
更に伸びた爪や汚れたバッグなど、細かいことは沢山あるが、今は清潔感と言う言葉にまとめさせていただく。
そして、立ち居振る舞い。背中を丸めて歩く姿は、疲れを感じさせる。何より、あまりにも低姿勢な態度が哀愁を撒き散らしているのだ。
自分に自信が無く、生活に疲れており、暗い印象を受けてしまう。
これらは『おばさんの定義』そのものではなかろうか。

清潔感が無く、背を丸めて歩き、あまりにも低姿勢である。
この三つが揃えば、十分おじさんと判断できるだろう。
年齢だけで『おじさん』と判断するのは難しい。年齢を重ねた男性と言うだけで『おじさん』とは呼べない。
他人が判断する際の『おじさん』とは、ぱっと見たときの受ける印象で決まるのだ。
年齢を重ねても、清潔感を保ち、自信を持って堂々と歩いている男性もいる。そんな人のことを、『おじさん』とは呼びにくい。
年齢関係なく、場合によっては20代と言う若い世代でも、清潔感の無い服装で疲れが見て取れる男性が歩いていれば『おじさん』だと感じざるを得ないだろう。